New York Life - Continued

nybaby2.exblog.jp
ブログトップ

クリスマス

みなさんどう過ごされましたか?うちは今年は親戚集合せず、義理の母を迎えて4人で祝いました。

c0106317_2511655.jpg

クリスマス当日朝のツリー。大人でもにまにましてしまう、プレゼントたち。これでも決して多い方ではなく、プレゼントがツリーを囲んでしまう状態のお家もたくさんあります。
c0106317_2541947.jpg

おばあちゃんからは大きなサンタさんをもらったり。。。

c0106317_255258.jpg

初めてのベイビー人形も!喜びの舞?やはり一番たくさんもらったのはこの人です。

c0106317_2554563.jpg

こうやって皆パジャマのままコーヒーを飲みながら延々プレゼントを開けていき、10時半ごろやっと朝食。

c0106317_2564341.jpg

私がもらった中に、あのル・クルーゼが!ずっと欲しいと思いながら後回しになっていたもの。ふふふ、これでシチューもカレーもなんでも来いだっ!(ってもっと豪華な料理作れば?)

c0106317_2591520.jpg

今回は主人が中心になってクリスマスディナーの準備。こちらではこういうイベント料理は男性が張り切りますよね。その間にマヤと私は庭で朝ご飯を消化しときます。

このクリスマスはとにかくいつもより暖かくて助かった〜!おかげで私も毎日30分のウォーキングに出かけていました。
c0106317_311616.jpg

c0106317_314870.jpg

さてさて、午後4時になりディナーが整いました。

主人が作ったものは主人の大好きなジェイミー・オリバーの料理本の中から。なのでややイギリス風なのかな。

・ラムのロースト、クランベリーソース
・エンダイブ、香菜、ざくろなどのサラダ
・ローストポテト
・ローストかぼちゃ
・コーン・キャセロール(私が作ったもの)
・パン(コッペパンのレシピで手作り)

いやーすべておいしかった〜!!男の人ってこういうとき材料も1つ残らずきちんとそろえるし計るし(笑)、手抜きせずにやるからおいしいのでしょうね。私が作ったコーン・キャセロールは、この前行ったレシピクラブで教えてもらった一品。超簡単な典型的アメリカ料理ですが、おいしいしサイドディッシュとして使い回せます。お代わりまでして食べた私は、寝る時間になっても苦しかった。。。

日本人としてはしばらくはお茶漬けに梅干しでいいです。。。余り物はまだどっちゃりあるけど(汗)。

c0106317_3123612.jpg

おっと、主人はこれも前菜として作りました。すごくイギリスっぽい料理らしい、Tode in the hole。塩味のプディングみたいなもので、ソーセージとローズマリーがたっぷり。もちもちした食感が不思議とおいしく、主人の得意料理となってます。

c0106317_3143060.jpg

デザートは買ってきたヨークシャープディングと、私のつくったヨーグルト・アップルタルト。恥ずかしいくらい簡単なケーキ。本当はスポンジを作りたかった(というか食べたかった)、もっというとブッシュドノエルが作りたかったのですが、ハンドミキサーがなく、泡立てに自信がなくて断念。おいしいスポンジケーキやロールケーキはアメリカではほんとに見つからないので、ハンドミキサー、必需品だなあ。。。

そうそう、クリスマス直前になり試作を始めたのが大好きなシュトーレン。ドイツでは11月中に作り、数週間寝かせて12月にちょっとずつ朝ごはんに食べてクリスマスのカウントダウンをするそうですが、私が思いついたのはあまりにぎりぎり(汗)。

レシピにもいろいろあるものですね〜。イースト入りの中種とケーキ種を別に作って混ぜるレシピが一番本物らしかったので、それに決めました。
c0106317_4541686.jpg

たくさん焼いて。。。
c0106317_4544869.jpg

ベビーシッターさんやお世話になっている方々に配りました。お向かいのクッキーをくれたお家にもぎりぎり届けることができてホッ。毎年もっとおいしいのを作っていきたいなあ。それには11月の初めからドライフルーツをラム酒につけこむ所から始まります。

さて、来年それを覚えていられるだろうか??
[PR]
by newyorkbaby2 | 2007-12-28 05:12 | 生活